死亡保険金について

死亡保険金について

こんなお悩みはありませんか?

  • 被相続人には多額の借金があるので相続放棄したいのですが,死亡保険金を受け取ることはできるのでしょうか。
  • 死亡保険金が相続税の対象となると聞きましたが,この場合,必ず税金を負担するのですか。

弁護士へ依頼するメリット

  • 被相続人のかけていた生命保険で,保険金の受取人が相続人に指定されていた場合,保険金請求権は相続財産ではなく,受取人として指定された人の固有の権利となります。したがって,もし相続人が相続放棄をしたとしても,保険金を受け取ることができます。
  • 死亡保険金を含めた遺産の総額が基礎控除額の範囲内であれば相続税はかかりません。死亡保険金は,「残された家族の生活保障」という大切な目的を持っていますので,一定の死亡保険金が非課税とされています。相続人が保険金を受け取る場合に限り,「500万円×法定相続人の人数」が非課税金額となります。

不動産トラブルを抱えた方へ

死亡保険金は遺産ではないと言いながら相続税の対象となる場合があるという若干頭が混乱する話をしなければなりません。制度の仕組みといえばそれまでですが,弁護士に相談していただければ,正確な情報に接することができます。

死亡保険金にまつわるケース紹介

死亡保険金にまつわるケース紹介

タイトル

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

ご相談内容

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

無料相談でのアドバイス

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

ご依頼を受けてから

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

知って得するワンポイント

一般的な死亡保険金の請求は,受取人が保険会社に申請や手続をするため比較的スムースに進められます。しかし,受取人が亡くなっている場合,法定相続人の証明書類や,法定相続人全員分の押印が必要であるなど,手続に手間がかかり,複雑になることがままあります。

受取人が亡くなっている場合に手続を行わないで放置すると,手続が複雑化しやすくなるだけではなく,税金に関してもデメリットが大きいといえます。そのため,受取人の法定相続人に保険金が支払われる場合でも,早めに受取人変更の手続を進めたほうが良いでしょう。

贈与税や相続税の金額が大きい場合は,生前贈与で現金を贈与したほうが,節税効果としては有効であるケースがあります。いずれの場合も,生命保険の受取りや引継ぎは法律や税金に関わることであり,専門性が高くなります。分からないことがあれば,相続に関する専門家である弁護士に相談すると,手続をスムースに進められるうえに,相続発生前なら節税方法,安全性の高い相続方法についての助言を受けられます。

初回相談無料!

まずはお気軽にお問い合わせください。